1. ペットショップ(東京) | ドッグステージ
  2. >
  3. お出掛けマナー

お出掛けマナー


ここ最近、本当に犬を連れて入れるお店が増えてきました。
でも残念な事に、マナーを考えない人もたくさん居るんです。

そこで愛犬とお出掛けするにあたり最低限のマナーを紹介したいと思います。

飼い主さんのちょっとした心遣いで犬だって心地よく過ごせるという事を念頭に入れて、休日のお散歩を楽しんで下さいね!

愛犬とお出掛けの予定を立てる時、一番楽しみなのはCafeで一緒にくつろぐ事なのでは?

お気に入りの場所でお茶を飲みながら過ごす時間に、最愛のワンコが加わったら、それはもうパーフェクトな過ごし方となるでしょう。

初めて愛犬を連れて行こうという場合、お店を選ぶ基準は、あなたが行きたいお店と言うよりは、デビューに相応しいお店にしましょう!

愛犬がそそうするのを防ぐ為、テラス席のあるお店を選んで下さい。

今後いろんなタイプのお店に連れて行けるように、徐々に愛犬がCafeに慣れるようなステップを踏みましょう。
街中へのお出掛け経験があまり無い愛犬を連れて行く際に必ず注意したいのは、犬が緊張せずにリラックス出来るお店を選ぶこと。

ワンコ連れOKのお店のスタッフはみんな親切で、犬に優しいお店ばかりのはずだけど、愛犬とお店との相性もあるので、犬の状態を見ながらお店を選ぶことが大切。

基本的にあなたと一緒なら、愛犬はそれなりに満足していられるはずだけど、極端に空気が汚い場所などは、避けた方が良いと思います。

犬は人間よりも体が小さい為当然肺などの臓器に負担が掛かります。
犬連れOKのお店で評判の悪い飼い主さんってどんなタイプかご存じですか?

それは、人気の小型犬を連れて集団でやって来る人達です。

犬連れOKだからといって、混雑してる時間に我が物顔で席を陣取り、マナーもなってないと実はあまり印象は良くないんです。

そんな一握りのマナー違反の飼い主さん達のせいで、犬連れが禁止になるショップがあるとしたら悲しい事ですよね?

公園友達とみんなで出掛けたい気持ちもわかるけど、一頭で居る時は大人しくても大勢だと吠え出す犬も多いので、なるべく少人数で出掛けましょう。
いつもと違う匂い。いつもと違う景色。愛犬はいつもより少し緊張してるはず。

気になる匂いが多すぎて、あなたの言う事に耳を貸さなかったり、ついついイケナイ場所でオシッコしてしまったり。

そんな風だから、普段オウチの近くではリードをはずして散歩させていたとしても、お出掛けでノーリードで歩くのはとっても危険な事です。

車の通りも激しいし、普段会わないようなワンコが向こうからやって来るかも知れない。

興奮してしまったら、あなたの声は届きませんよ。愛犬を守る為にもリードは離さないで。

本来であれば、普段の極々近所のお散歩であっても、リードを外すのはマナー違反です。
物陰からいつ何が飛び出してくるか解りませんよ。

すれ違う人が全員犬好きとも限りませんよ。リードは愛犬とあなたをつなぐ命綱です。

愛犬の事を本当に考えるのであれば、リードは外さないで下さい。
お出掛けで切らせてはいけないのは何と言ってもお水です。

日射病対策にもなるし、ちょっと汚れたらタオルを濡らして拭いてあげることも出来るし。

とにかく水は大切。

ペットボトル等に水道の水を詰めていっても良いし、水筒と水受けがセットになった物も売ってます。

携帯用の水入れを持参して、お水は途中で買えば問題無し。

それからCafeではワンコ用のお水を出してくれる所が多いけど、頂いた後ダラダラとお水をしたたらせてるワンコの口を拭くのにタオルは必需品。ウェットティッシュでもOK。  
大好きなあなたと出掛けられて最初はウキウキだった愛犬も、段々飽きてきてイタズラを始めてしまう事もある。

そんな時の為に是非準備しておきたいのがいつも遊んでいるオモチャ。
これがあれば瞳を輝かせて喜ぶ物がどの子にも一つはあるはず。

そして注意をこちらに引く為の最終兵器がおやつ!何種類か用意しておくのがベスト。
ただし言う事を聞かないからといっておやつで釣るのは考え物です。

お散歩の度にわがままになってしまう可能性大。
Cafeで愛犬と楽しい時間を過ごす。これはお出掛けの最大の目的と言っても過言ではないでしょう。

前から行きたいと思ってたあのお店にいよいよやって来て、席に着こうとするその時、周りにお客さんが居る場合には一言、「犬、大丈夫ですか?」と声をかけて下さい。

最近オープンするCafeは、ほとんどと言って良い程犬連れがOKです。

お店の人達もみんなあなたの愛犬を歓迎してくれるはずです。
でも、犬が苦手な人も居る事を常に念頭に置いておいて下さい。

愛犬が誰にも歓迎される存在では無いという事も事実なのですから。
外はうだるような暑さでも、一歩お店の中に入ればそこは天国。
なんて、あなたは快適だけど、エアコンの冷気は床に溜まりやすいのは知ってますよね?

犬は床に寝そべっているので、この冷気にもろに当たってしまいます。
そんな冷えた体でまた外に出て、暑さの中を歩く。そんな事を繰り返したら、体調を壊す事必至!

愛犬サイズのブランケット等を用意して、その上で横になるようにしてあげよう。

ちょっと荷物は多くなるけど快適なお出掛けの為には、これくらいの事はしてあげましょう。
ついついやってしまいがちなのがコレ。

Cafeなどで自分達だけ食事をして愛犬は何も無しっていうのが可哀相に思えるのは仕方ないけど、一度許したらまた今度も貰えると思っておねだりされてしまう。

前は良くて今度は駄目と言われる方が、犬にとっても理不尽で理解できないのでは?

どうしても一緒に食べたい人は、犬用のメニューのあるお店にいつも行く事をオススメします。

それから自分の犬には厳しいのに、よそのワンコには甘くなってしまって、食べ物をあげてしまう人も居ますが、飼い主にとってはかなり迷惑なのでやめましょう。
 
犬は毛が抜ける生き物です。 それも大量に。

犬の換毛期はだいたい春と秋ですが、他の季節でもアンダーコートのある犬は、ちょっと寝そべっただけで、後には大量の抜け毛が、なんて事が多いのです。

抜け毛は仕付けではどうにもならないから(笑)なるべく抜け毛が飛ばないような工夫が必要となってきます。それにはドッグウェアー!!!

最近では可愛くて人間用かと思うようなオシャレな犬用の洋服がたくさん売られています。

お出掛けように奮発して可愛いのを買ってあげて下さい。

レインコートにもなるタイプだと、梅雨の時期などには便利ですよ。
女の子のワンコを飼ってる人には、年に2回のシーズン(生理)は色々と大変な時期。

毎日のお散歩程度なら気にせずに連れ出していても、お出掛けとなるとそうはいきません。
ワンコ連れOKのお店には、当然自分達以外の犬連れの人も居るのですから。

男の子のワンコに出会って相手が興奮してしまったら大変でしょ?
興奮させてしまう事も可哀相な事です。 
当の本人も相手を求めているのでいつもとは違う態度になる事も。

可哀相だけど、ちょっとの間お出掛けは辛抱して下さい。
日本の夏は暑い。都会はもっと暑い。夏のお出掛けで特に注意したいのが日射病や熱射病です。

人間より地面に近い所を歩いている犬達は、あなたが思っている以上に暑さがこたえてます。
これくらいは大丈夫だと思っても、ちょっとお買い物で犬を外に繋いでおく時でも、必ず日陰を探す事。

熱せられたアスファルトで肉球を痛める事もあるので保護用のワックス等を塗るのもオススメします。

もし万が一ぐったりしたり、犬の様子がおかしくなったら全身に水をかけてあげたりして一刻も早く犬の身体をやしてあげて下さい。 命に関わります。
ShopやCafeは、やっぱりお金を払う人が最優先のはず。

いくら犬連れOKだからといって、Saleで混雑してるShopや、ランチタイムのCafe等、お店のスタッフが忙しそうにしそうにしてる時間帯は避けるのがベスト。

お店のスタッフの気遣いがあってこその楽しいお出掛けなのです。
それに、愛犬もざわざわしてる店内では落ち着かないだろうし、そんな状態の愛犬を見てあなたもつい神経質になったりと良い事はありません。

愛犬とお出掛けする際は、リラックスが合言葉です。
明日は待ちに待った愛犬とのお出掛け。 この間買ったスーツと革靴にしようかな?

ちょっと待って!犬とお出掛けをするにはそれなりの格好をしなければ。

まず荷物が増える事。 愛犬がはしゃいでリードを引っ張る可能性が高い事などを頭に入れると、自然とどんな格好で出かけたら良いか思い浮かぶはず。

ドレスアップは出来ないけれど、動きやすいカジュアルなスタイルを研究してみて!

愛犬が着てる洋服と合わせるなんてどうですか?(笑)
楽しいお出掛けに愛犬を連れて、あのShopを覗いて、あのCafeでお茶して・・・

街中を可愛いリードや洋服でオシャレした愛犬と自分の2ショットが浮かびますが、あなたは楽しくても、愛犬はあまり楽しくない場合もある事をお忘れなく。

車に酔う子は現地までの間のドライブが辛いだろうし、ちょっとの間だからといって車に留守番させるのも季節によっては危険です。

犬連れで出掛けるというのは、あなたが愛犬の為にちょっと我慢しないといけないという事を忘れないで下さい。
「今日は特に予定も無いし、のんびりCafeでくつろごう」 そんな気分でお店のドアを開けたとたん、ワンワンワン! なんて、吠えられたらどんな気持ちになりますか?

一瞬にしてなごみモードからむかむかモードに変わってしまいますよね?

ちょっとのお買い物ならともかく、滞在時間の長いCafeでは、なおさら犬を吠えさせては駄目。
他のお客さんに迷惑をかけないのがワンコOKの条件なのだから。

ほんの少しのマナーのない飼い主の為に、犬連れお断りになってしまったら残念ですよね。

まず家の中で吠えない訓練をしてから出かけるようにするのが礼儀です。
愛するワンコと楽しいお出掛け。

ルンルンとグッズを選ぶのに夢中なあなたは愛犬がそわそわしてるのに気づかない。
そうこうしてるうちに「アァッ」!

粗相してしまった犬に責任はありません。気づいてあげられなかったあなたの責任です。

トイレは何度も確認して、絶対大丈夫と確信が持ててからお店に入るようにしましょう。
あなたも恥ずかしくてお店に二度と行けなくなってしまわないように。

また男の子を飼ってる人が注意しなくてはいけないのがマーキングです。
初めての場所に来て興奮してオシッコする子も居るかも知れないし。

不安な人はとりあえず抱っこして様子を見てから床に降ろしてみて下さい。

マナーベルトをするっていうのも一つの方法です。
小型犬を連れてお出掛けの時にあると便利なのがキャリーバッグです。

小さいサイズのワンコは疲れやすいので、キャリーバッグに入れて移動した方が危険も少ないし、色々と便利。

狭くて窮屈そうと思うかも知れませんが、自分の大きさにぴったりな所に居ると安心するんです。

モデルさんが愛犬をヴィトンなどのキャリーバッグに入れているのを雑誌で見かけた人も居るはず。

ブランド物でなくても、可愛くて機能的なキャリーバッグが色々と売られているので、一度お店を覗いてみて下さい。
トップへ

ボストンテリア フレンチブルドッグ トイプードル チワワ ブリーダーの子犬|東京都世田谷区【ドッグステージ】


Copyright (C)トイプードル・ボストンテリア・チワワ・フレンチブルドッグならDOG Stage All Rights Reserved